ドッグフードに入っている良くないとされる成分を一挙公開

ドッグフードに入っている良くないとされる成分を一挙公開

 

ドッグフードには、人間が食べることのできない肉や副産物などが含まれている可能性があります。

 

これをよく見ずに、ただ安いからという理由で購入してしまうと、愛犬を危険にさらしてしまう可能性があります。

 

ここでは、ドックフードによく入れられている、健康に良くない成分を紹介していきます。

 

チキンミールやミートミール、副産物が含まれていると思われるもの

チキンミールやミートミールには、副産物などが含まれている可能性があります。

 

また、副産物だけでなく、4Dミートといわれる、粗悪な動物性の肉が使われている可能性もあります。

 

商品によっては、チキンミールやミートミールという表記ではなく、『肉類』という表記もありますので注意しましょう。

 

小麦や○○粉などの穀類や脱脂加工大豆

穀類は犬にとって消化吸収しにくいものの代表です。
参考:グルテンフリーのドッグフードが人気の理由

 

穀類が豊富に含まれているドッグフードを長期間食べていると、胃や腸などの消化器官に大きな負担を与える可能性がありますので、注意が必要です。

 

また、脱脂加工大豆というのは、大豆からヘキサンという化学物質を使って、油分だけを抽出した後の搾りかすになります。

 

脱脂加工大豆は、食用として普通に販売されているものも多いですが、ヘキサン自体が有害なものですので、できる限り避けたいところです。

 

ヘキサンは揮発するため、安全性に問題は無いとする意見もありますが、これは購入者の判断次第といったところでしょう。

 

動物性の油や植物性の油

動物性、植物性の油は、市販のドッグフードには必ずと言っていいほど含まれています。

 

実際に、袋を開けて内側を確認すると、油っぽくなっているのが分かるでしょう。

 

どのような経緯で発生した油なのか?という点については、商品によって違うため、一概にいうことはできませんが、一般的にはレンダリングの過程で出てきた油であることが多いです。

 

いずれにしても、なんの油かよくわからないものを愛犬に食べさせるのは、やはり気が引けることでしょう。

 

○○エキスや○○パウダー

これも大変不明瞭なものです。

 

ドッグフードで使われるものとして代表的なのが、フィッシュエキスやフィッシュパウダーというもの。

 

どちらも、魚を加熱処理し、うまみ成分だけを取り出した調味料です。

 

添加物ですので、それだけで警戒する人も多いですが、どのような魚が使われているか分からないというところが大きな不安要素です。

 

また、これらの成分はあくまでも犬の食欲をそそるためのものであり、栄養的にはまったくくありません。

 

そのため、これらが含まれたドッグフードをあえて選ぶ理由というのはないといえるでしょう。

 

合成保存料や合成着色料、甘味料、酸化防止剤など

合成保存料や合成着色料に関しては、ほとんどのドッグフードに使用されています。

 

これも一概にすべてが悪いわけではありませんし、食べているからと必ずしも健康を害するものではありません。

 

しかし、なかにはガンを誘発する可能性があるものもあり、できる限り摂取は控えたところです。

 

例えば、BHA(ブルチヒドキシアニソール)やBHT(ジブチルヒドロキシトルエン)といった成分は、抗酸化作用を示し、酸化防止剤や保存料として使用されています。

 

いずれも食用として認可はされていたものの、発癌性があることが分かり、現在ではほぼ使われていません。

 

それにも関わらず、ドッグフードは賞味期限を延ばすために、このような保存料や酸化防止剤などがふんだんに使用されている傾向があります。

 

ひとつひとつの成分を比較検討していくのは難しいですが、主要な部分だけでも押さえて、体に良いドッグフード選びをしたいですね。

page top