ドッグフード 安全 安い/ドッグフード 安全 コスパ

そのフードで大丈夫?栄養価の高いドッグフードの選び方

 

かわいい愛犬にはいつまでも元気で長生きしてほしい。そう願う飼い主さんはほとんどでしょう。そのためにはまず食べるものを充実させなければとフード選びに熱心な方も多いのではないでしょうか。

 

しかし、あれこれ試すあまり本当に必要なものは何なのかわからないままフードを選んでいませんか?高価ならば大丈夫、国産ならば大丈夫などなど、本当にそれでいいのでしょうか。栄養価の高いフードとその選び方を見てみましょう。

 

犬に必要な栄養素は「たんぱく質」

 

犬の体を作るために必要な栄養素はまずたんぱく質です。たんぱく質が無ければ犬の体の血、骨、筋肉、皮膚、被毛すべては維持できなくなります。体の臓器のどの部分にもたんぱく質は存在します。栄養を取り入れて新陳代謝を行ったり、免疫力を高めて健康を持続させたり、食べ物の消化吸収にもたんぱく質が必要です。

 

まずはフードの裏面に記載されているたんぱく質の含有量を見てみましょう。これらを豊富に含んだドッグフードを選ぶことは、愛犬の長い健康を望む飼い主にとっては必要不可欠なことなのです。

 

愛犬のことを考えたら、こんなフードは選べません

 

たんぱく質の豊富なフードを選ぶのは愛犬のためになることですが、では市販のドッグフードで間違ったものを選ばないように飼い主が気をつけておきたいことは何でしょうか。

 

まずは炭水化物が多く含まれているものは肥満の原因になるので避けたいものです。中には不足しているたんぱく質を補うために、小麦やとうもろこしなどの穀物でかさ増ししているフードもあるようです。これらのフードを食べ続けるとアレルギーを発症しやすいとも言われています。

 

また、着色料を使ってカラフルな見た目になっているフードもあります。素材を見ると人参、かぼちゃ、ほうれん草とありますが、それらが入っているのを強調するためか赤色や黄色、青色の着色料が使われたりしています。これらは人間の目を楽しませるためとしか思えませんね。

 

賞味期限が長すぎるものは酸化防止剤が使われています。この酸化防止剤の使用には使用量の制限などがあるとされていますが、発がん性が認められているものなので、今は良くても毎日食べさせることには不安が残ります。

 

参考:ドッグフードに入っている良くないとされる成分を一挙公開

 

犬は肉食動物であるため、小麦やとうもろこしのような穀物から取れる植物性たんぱく質よりは、肉や魚の動物性たんぱく質を摂る方が、栄養価の吸収率が高いということを覚えておきましょう。

 

 

栄養価の高いフードの選び方

 

愛犬の食事のためにと与えていたドッグフードが原因で、もしも病気を発症してしまったら、治すために必要なのはまずは今与えているフードを変えることです。栄養価が高く、健康にも気をつけられる、そんなフードを選びましょう。

 

栄養価の高いフードとは、価格が高ければ大丈夫かといえばそんなわけではありません。価格が高すぎて毎度の食事のために家計を圧迫してしまっては続けるのは難しいです。

 

まずは愛犬の健康のために良質なたんぱく質を含んでいるフードであること。そしてワンちゃんが気に入って美味しく食べてくれること。

 

さらに酸化防止剤や合成着色料などが配合されていない無添加のものであること。犬の消化機能をよく理解した上で消化しにくい穀物や小麦などを使っていないフードであることが必要です。

 

さらに子犬の時期とシニアと言われる時期ではフードの栄養のバランスもずいぶん異なってきます。愛犬の年齢やライスフタイルに合わせて、フードを数種類展開している会社であれば長く続けやすいでしょう。

 

まとめ

 

大切な愛犬の健康を守るために、栄養価の高いドッグフードは欠かせません。

 

ただ与えるだけでなく、飼い主側もきちんと情報を収集しましょう。

 

またフードの値段の違いはどこから来るのかを知ると、選ぶフードもずいぶん変わってきます。

 

安いフードで病気になり通院のためにお金をかけるのと、高めでも質の良いフードを選んで元気でいてもらうこと。

 

どちらを選ぶかは飼い主さん次第ですね。

page top