知らなかったでは済まない!ドッグフードの原材料『チキンミール』の危険性

知らなかったでは済まない!ドッグフードの原材料『チキンミール』の危険性

 

市販されている比較的安価なドッグフードには、『チキンミール』という原料が配合されています。

 

なんとなく愛犬に与えてしまっている、このチキンミールですが、実は犬の健康状態に大きな影響を及ぼす可能性があるのです。

 

ここでは、ドッグフードの一原料である、チキンミールについて詳しく見ていきます。

 

チキンミールってどんなもの?

チキンミールとは、鳥を原材料にした精製物のことをいいます。

 

もっと具体的にいうと、茶色い粉末状のものがチキンミールだとイメージすると分かりやすいかもしれません。

 

一般的にチキンミールといえば、原材料として鳥が使われているものすべてを指します。

 

つまり、広い意味では、鶏肉だけではなく、血や髪、内臓などもすべて含めてチキンミールと呼びます。

 

多くの愛犬家にとってミール系原材料はよくないものと認識されている

チキンミールは、市販されているドックフードのなかに多く含まれているものですが、実は、愛犬家のなかでは『チキンミール=よくないもの』という認識が一般的になっています。

 

「そうはいっても、そんな健康に悪いものを市販しないでしょ?」

 

と思う人も多いかと思いますが、そうとも言い切れないところが問題です。

 

たしかに、すべてのチキンミールが悪いとはいえませんが、お世辞にも良いとは言えないものが実際に販売されていたりするのです。

 

それでは、なぜ犬にとってチキンミールは悪いといわれているのでしょうか。

 

犬にとって危険だといわれている理由

この理由として、もっとも代表的なのが『副産物』の存在でしょう。

 

副産物というのは、鳥を加工する際に出る、食用にはならない部分を言います。

 

具体的には、血やとさか、足、くちばしなどです。

 

これら副産物が、必ずしも動物に悪影響を及ぼすわけではありませんが、少なくとも良いものではありませんし、どのような部分が使われているのかが分からないという部分が、もっとも飼い主を不安にさせているところです。

 

冒頭でも見たように、チキンミールは鳥を原料にしていればなんでもチキンミールを名乗ることができますので、副産物が入っているドックフードも実際に多く販売されています。

 

ただし、この事実だけが過度に広まってしまい、『チキンミール=副産物が入っているもの』というイメージを抱いている人が多いですが、実際はこれは間違った認識です。

 

ドッグフードやキャットフードの栄養価の最低基準を定めている機関に、AAFCO(アメリカ飼料検査官協会)というところがあります。

 

この機関の公式発表によれば、オートミールやミートミールは以下のように定義されています。

 

Meat Meal is the rendered product from mammal tissues, exclusive of any added blood, hair, hoof, horn, hide trimmings, manure, stomach and rumen contents except in such amounts as may occur unavoidably in good processing practices.
(ミートミールとは哺乳動物組織から得られるレンダリングされた製品のことで、血、髪、蹄、角、トリミング、排泄物、胃、および一定量以上のルーメン(第一胃)を除いたもの)
出典:AAFCO公式サイト

 

いわゆる、副産物を抜いたものをミートミールと呼ぶんだよ。ということですね。
(ちなみに、チキンミールとミートミールの違いは、肉全般を精製して作られたものがミートミールであり、鳥だけのものがチキンミールです)

 

それでは、副産物が入っていないものであれば、安心安全のミートミールといえるのでしょうか?

 

副産物だけではない!危険な理由

市販のドックフードの成分表やパッケージを見てみると、『副産物不使用』の文字が。

 

「副産物が入っていないから安心だね!」

 

「この商品は品質が高いんだ!」

 

と思ってしまいがちですが、ちょっと待ってください。

 

実は、副産物以外にも、チキンミールには不安要素がいくつもあるんです。

 

劣悪なレンダリング過程

まずはレンダリングの過程です。

 

レンダリングというのは、チキンミールを作る一連の工程を言います。

 

このレンダリング課程は、一般的に非常に劣悪な環境で、食べ物が製造されているとは到底思えないような中で加工されています。

 

もちろん、これも業者やメーカーによって違いはあるものの、多くのレンダリング課程は劣悪です。

 

4Dミートの使用

愛犬家であれば一度は聞いたことがあるかもしれない4Dミートという言葉。

  • Dead 死骸の
  • Diseased 病気の
  • Dying 死にかけの
  • Disabled 障害のある

この4つをまとめて、4Dミートと呼びます。質の悪い肉の通称ですね。

 

副産物が使用されていなかったとしても、この4Dミートは、チキンミールに広く使われています。

 

なかには、がんなどの重度の病にかかった鳥の肉を使用していることもありますので、飼い主にとっては不安な要素のひとつです。

 

添加物の存在

添加物が入っているという点も、懸念点のひとつです。

  • 人工添加物
  • 香料
  • 着色料
  • 防腐剤

これらの添加物が原因で、体調を崩してしまう犬も多いという現実があります。

 

添加物や摂取しないほうがいい成分については、ドッグフードに入っている良くないとされる成分を一挙公開でさらに詳しく解説しています。

 

特に塩が恐ろしい

塩分は人間も摂取するものなので、そこまで悪いというイメージを持っている人は少ないですが、犬に対しての塩分は非常に危険です。

 

多少の塩分であれば問題ありませんが、過剰に摂取してしまうと、さまざまな病気の原因になってしまいます。

 

できる限り、塩分は少ないものを選んだ方がいいでしょう。

 

値段が安いドッグフードは注意が必要

そもそもですが、チキンミールを使用しているドッグフードが多いのには、どんな理由があると思いますか?

 

そうですね。原材料費です。

 

食用にならないような、普通は廃棄してしまう鳥を使うことで、材料費を大幅に安くすることができます。

 

そのため、量販店などでは、大容量なのにもかかわらず、非常に安い金額でドッグフードを販売することができるのです。

 

もし、このような質の悪い材料を使用したドッグフードを避けたいという場合には、安すぎるドッグフードは避けるようにした方が良いでしょう。

 

ただし、すべてが危険なわけではない

ここまで見て、『チキンミール=危険な物』というイメージを持った方が大半だと思います。

 

ただ、すでに解説したように、なかには安全なチキンミールもあります。

 

安全なというのは、副産物を使用していないというだけでなく、4Dミートや添加物、塩分などの懸念点をすべてクリアしているようなチキンミールです。

 

しかし、このような質のいいドッグフードは値段もそれなりにしますので、金額との相談になってくるでしょう。

 

チキンミールの品質をチェックする方法

チキンミールの品質を確かめるためには、事前にドッグフードを販売している企業のサイトで成分や原材料一覧を見るようにしましょう。

 

ポイントは、ドッグフードのパッケージや裏面を売り場で確認するのではなく、事前にサイトで確認するということです。

 

基本的に、原材料に自信を持っている会社というのは、成分一覧やその製造過程などを詳しく記載している傾向にありますので、事前のチェックを忘れないようにしましょう。

page top