ドッグフード 安全 安い/ドッグフード 安全 コスパ

年齢が原因?老犬がドッグフードを食べない理由とは

 

7歳くらいから始まるシニア期を超えて、10歳を過ぎた老齢期に入ってからも元気でいてくれるのは食欲が衰えないから。

 

食べ物に関しては若い頃と全く変わらない食いしん坊。そんな愛犬がある日急にドッグフードを食べなくなったら心配ですね。

 

昨日まで食べていたフードを食べなくなる場合、どんな理由が考えられるのでしょうか。原因と老犬へのフードの選び方をまとめてみました。

 

老犬が食欲不振になる理由

人間でも同じように、歳をとると若い頃と全く同じ食欲ということはありません。それは日々の生活の中で運動量が減ったり、筋肉量が落ちてくるからです。

 

そうなると新陳代謝も落ちてきて若い頃と同じようなカロリーを摂取できなくなり、食欲不振になることもあるのです。

 

犬の場合も代謝が落ちてカロリーを摂取できないと思った時は、自分で食べる量を調整したり食べなかったりします。それが食欲不振と取られることもあるのではないでしょうか。

 

老犬がドッグフードを食べなくなっても、大きく体重が減っていない場合は病気の可能性は考えにくいでしょう。

 

この場合は筋肉量が少しずつ減ってくるので少量の体重の変化はあっても、大きな変化はありません。

 

その場合は代謝が落ちて、食べる量が今までよりも少なくて済むようになったのだと考えられます。

 

老犬ではないけど、ドッグフードを食べなくなってしまったという場合には犬がドッグフードを食べなくなった原因と対策も参考にしてみてください。

 

何か病気が潜んでいるのでは。考えられる病気

フードを食べなくなって体重の減りが目で見て分かるような場合は、病気が潜んでいる可能性があります。

 

特に老犬の場合は病気であっても手術で麻酔を使うリスクを考えなければならい場合があったりするので、気になった時はすぐに病院を受診することが大切です。

 

老犬がかかりやすい病気として考えられるのは、がん、歯周病、糖尿病、心臓病、心不全などが代表的です。特に歯周病などは口の中の痛みが激しく食事をしたくても食べられないこともあります。

 

病気ではない場合に考えられる原因

味覚や嗅覚の衰えからご飯に対する興味が減っているのかもしれません。普段のフードに加えて何か好物をトッピングしてあげると食べる場合もあります。

 

また、若い頃と比べて体を動かさず寝ている時間が増えるため、お腹が減らない可能性も考えられます。

 

そんな時は散歩の時間を少し増やして太陽の光をきちんと浴びさせてあげることも効果的です。太陽の光を浴びると体内時計が正確に動き始めるので、食欲もわきやすくなります。

 

老犬へのフードの選び方

ずっと同じフードだけを与え続けてきた場合、そのフード自体に飽きてしまい、食欲がわかない場合もあります。

 

時には新しいフードを混ぜたり、ローテーションを考えたりして飽きさせないようにしましょう。

 

フードを食べてくれないからといっておやつばかりを与えるのは危険です。おやつは消化をするのに時間のかかるものも多く、食欲がなくて消化機能の衰えている老犬には胃腸に負担がかかるからです。

 

おやつに頼るのではなく、できるだけフードにトッピングをしたり、可能であれば水分も一緒に取れる手作り食に挑戦してみることもおすすめです。

 

まとめ

11歳を超える老犬と呼ばれる世代の場合、何より必要なのは定期的に健康診断を受けて健康状態を飼い主がきっちり把握していることでしょう。

 

健康で体重の大きな変動がなければ、多少食欲不振でも安心して見ていることができます。

 

もしも心配なほど体重の変動があった場合は、病気の可能性が考えられるので速やかに受診することが必要です。

 

普段から愛犬の様子を観察し、食欲が出るような工夫をしながら、いつまでも食事時間を心待ちにしてくれているようにしていきたいものですね。

page top