グルテンフリーのドッグフードが人気の理由

グルテンフリーのドッグフードが人気の理由

ドッグフードは現在数多くの種類が販売されていますが、その中でグルテンフリーを謳っているドッグフードがあります。

 

また、グルテンフリーのドッグフードと同じくグレインフリーというドッグフードもあります。

 

今回は、グルテンフリーのドッグフードに関する基本的な知識と、グレインフリーのドッグフードとの違いについて解説していきたいと思います。

 

グルテンフリーの定義

 

グルテンとはタンパク質の1つで、小麦や大麦、ライ麦などから生成するものです。

 

グルテンフリーとは小麦や大麦、ライ麦などが含まれていないドッグフードという事です。

 

安価なドッグフードの多くには、主原料に穀類を使用しています。

 

これは犬のためではなく、穀類は肉よりも手に入りやすく、安価なドッグフードを実現するためのかさ増しとして使われるのが一般的です。

 

栄養的にはほとんど意味がなく、犬のために含まれているというわけではないので、穀類は摂取する必要がないというのが広く認知された考え方です。

 

これらの理由から、穀類である小麦や大麦などを含んでいないグルテンフリーのドッグフードが製造されるようになり、愛犬家を中心に購入されるようになりました。

 

グルテンのリスク

 

グルテンはパンなどを、もちもちとした触感にする役割がある一方で、食物アレルギーを発症しやすい食材ともいわれています。

 

食物アレルギーは、アレルゲンとなる食べ物を食べる事で体の免疫機構が異常反応した事で症状があらわれます。

 

アレルギー反応が軽症である場合にはまだいいですが、アナフィラキシー・ショックを起こし、最悪の場合は死亡してしまいます。

 

全身、もしくは局所的に掻痒感が発現する事で、自分自身でが引っ掻いたり、噛んだりする事で皮膚炎を引き起こす事もあります。

 

また、耳の外耳部に炎症を発症する外耳炎や下痢なども引き起こします。

 

食物アレルギーは全ての犬種で発症する危険性があり、1歳くらいの若齢犬での発症が多いようです。

 

穀物類は消化しくいというデメリットもある

 

犬にとって小麦や大麦などは消化しづらい食材でもあります。

 

犬は雑食ですが、オオカミやライオンなどと同じように肉食動物であり、肉を消化する事に適しています。

 

小麦や大麦などの穀類を消化するにはアミラーゼという酵素が必要ですが、犬はこのアミラーゼが十分にありません。

 

さらに、穀類を消化するには長い腸が必要ですが、腸の長さも短いのです

 

そのため、大量に摂取すると、消化不良を引き起こす危険性があります。

 

グルテンが危険視されたのは、2007年に中国で起きた事件がきっかけだといわれています。

 

2007年に中国産の小麦を使ったドッグフードを食べた犬が次々に死亡する事件が起こりました。

 

多大なリコールと原因究明が行われ、メラニンという物質が原因ではないかと推測され、メラニンは現在腎不全の原因としてシアヌル酸と一緒に注目をされています、

 

メラニンは小麦から作られるグルテンを使用する際に添加物として使用されていました。

 

この事件からグルテンを危険視するようになったようです。

 

グルテンフリーとグレインフリーの違い

 

グルテンフリーとグレインフリーはどちらも穀類が含まれていないドッグフードですが、その違いは使用していない穀類の違いです。

 

グルテンフリーは穀類の中でも、小麦や大麦などを使用していないのに対して、グレインフリーは穀類全体を使用していないドッグフードです。

 

つまり、グレインフリーの1つにグルテンフリーがあるという事であり、グレインフリーであれば、グルテンフリーでもあります。

 

小麦や大麦だけを取り除いたドッグフードを愛犬に食べさせたい飼い主や家族はグルテンフリーのドッグフードを、穀類全てを取り除きたい飼い主や家族はグレインフリーのドッグフードを愛犬に食べさせるようにしましょう。

page top