ドッグフード 安全 安い/ドッグフード 安全 コスパ

ドッグフードで改善できる?涙やけの原因やメカニズム。

 

ワンちゃんの目の周りにできる、線のように毛の色が変色した部分の「流涙症」(通称:涙やけ)は、飼い主さんにとってはとても気になるものですね。

 

同じ犬種でも涙やけのある子と無い子。個体差によって大きく変わってきます。それらはドッグフードを変えることで改善するのでしょうか?

 

涙やけの原因や改善方法を見てみましょう。

 

涙がうまく流れないことが涙やけを起こします

 

淡色(白、クリーム、ゴールドなど)の犬は、その他の毛色の犬に比べて涙やけが目立ちやすくなってしまいます。また涙やけになりやすい犬種もあり、プードル、マルチーズ、ポメラニアンなどは比較的涙やけの多い犬種で見かけたことがある人も多いかもしれません。濃い色ならば目立たなくても、淡い色の毛色ではどうしても目立ってしまいますね。

 

クリクリとした大きな瞳を持つ犬ですが、人間のように悲しいから涙が出るということはありません。涙が出るのは、瞳に潤いを与えるためと犬の大切な嗅覚を守るために、鼻を湿った状態にしておくためなのです。

 

通常ならば目から出た涙は鼻涙管を通って鼻へ流れていきます。もともと涙の量が多い場合や、目から鼻へ涙がうまく流れない場合は、多すぎる涙が溢れて常に被毛が湿った状態になり、雑菌などが入って変色してしまうのです。

 

涙やけの原因はひとつではない

涙やけが起きる原因というのは、ひとつではなく、さまざまな要因が関係してきます。

 

具体的にどんな原因が考えられるのをみていきましょう。

 

先天性の原因

被毛の色が変わってしまう涙やけですが、その原因には色々なことが考えられます。

 

主なものとしてては、まつげの生え方の異常や鼻涙管が生まれつき狭くなっていたり、閉じてしまっている場合もあります。

 

さらにひどい場合には、結膜炎や腫瘍がある可能性も考えられるので、この場合は病院を受診した方が良いでしょう。

 

アレルギー体質

人間が花粉症になるように、季節によって起きる花粉アレルギーの可能性もありますが、この場合は発疹やかゆみを伴います。

 

水分不足

家の中にいるときにあまり水分を取らないワンちゃんは、体の中で水分不足になりがちです。

 

水分が取れていないと老廃物が尿となって体の外に流れていくことができず、目や耳などのトラブルを引き起こします。そして目から流れる老廃物が涙やけを起こしてしまうのです。

 

ペットフード

安価で大量に売られているペットフードには添加物が大量に含まれているものもあります。

 

さらにペットフードを作るための原料にも農薬や抗生物質を含んだものが使われており、さらにフードを長持ちさせるためには酸化防止剤なども使われています。

 

そのような添加物たっぷりのフードを毎日食べ続けているうちに、アレルギーを発症したり涙やけになってしまうのです。

 

参考:ドッグフードに入っている良くないとされる成分を一挙公開

 

改善方法は、こまめに拭くことがまず基本です

 

涙やけの場合、溢れた涙で濡れた場所に細菌が発生し、それが広がって毛色が茶色からひどくなると黒色へと変色していきます。

 

これらを防ぐにはまず目の周りを湿らせないように、涙が出たら濡れティッシュやタオルでこまめに拭くことが大切です。

 

変色を防いでくれるスプレーや、サプリメントも出ているので試してみると良いでしょう。涙やけから皮膚炎へと広がってしまわないように気をつけましょう。

 

フードの選び方

 

出来るだけ添加物の入っていないフードを選ぶことは鉄則、その上でアレルギーを引き起こすであろう食べ物を除去したもの選ぶようにしましょう。

 

また、涙やけは「たんぱく質」の不足も原因の一つと考えられています。

 

原料や安全を第一に作られているフードはそれなりに値段も高くなるものですが、その分愛犬が健康になって病院に行く回数が減るのなら、食べるものにお金をかけても高くはないでしょう。

まとめ

涙やけはまずは変色している部分をこれ以上広げないように、清潔にしてこまめに拭くことが大切です。

 

その上で今まで食べていたドッグフードを見直し、添加物や化学調味料などが含まれていないものを選びましょう。

 

体の内側と外側からケアしていけば、涙やけが治る日も遠くはないかもしれません。

page top