犬がドッグフードを食べなくなった原因と対策

愛犬がドッグフードを食べなくなった原因と対策

 

いつも食べていたドックフードを急に食べなくなってしまった・・・

 

そんな経験がある人も多いのではないでしょうか?

 

ドッグフードを食べてくれない。その原因ひとつではなく、対策もそれぞれで変わってきます。

 

成犬の場合は1日ほどであれば問題はありませんが、仔犬の場合には1食を抜いただけで健康被害を及ぼす危険性があります。

 

ここでは、愛犬がドッグフードを食べなくなった際の原因と対策について紹介していきたいと思います。

 

ドッグフードを食べなくなってしまった原因

 

愛犬がドッグフードを食べなくなった際に、初めに考えるべきは体調の変化です。

 

食べなくなるという事は、胃や腸といった消化器官で異常が起こっている場合などが考えられます。

 

ただ、ドッグフードを食べなくなっただけ、もしくは食欲不振というだけで疾患であるとは決めつける事はできません。

 

たとえ何らかの疾患を抱えていたとしても、食欲不振という症状は、臓器系のほとんどの疾患に共通する症状ですので、それだけでどういった疾患かを特定する事もできません。

 

食欲不振だと思ったら、他の症状が出ていないかを確認しよう

 

そこで、確認したいのが便の状態です。

 

ウンチの状態や、ぐったりとしていないかなど他の症状は確認されていないかをチェックするようにしましょう。

 

仮に、症状が確認された場合には動物病院で診察と適切な処置を施すようにします。

 

何の症状も出ていない場合に考えられる原因

 

症状が確認されない場合、次に考えるべきは運動不足です。

 

運動量が足りていない場合には、次のエサまで食べたものが消化されずにお腹が減っていない事も考えられます。

 

特に小型犬や超小型犬の場合には室内飼育で、体格が小さい事から運動がそこまで必要ではないと思われがちで、1日中室内にいて運動不足に陥りがちになります。

 

また、老犬期を迎えた犬は生活のほとんどを寝て過ごすようになるうえに飼い主や家族もそっとしてあげようと考えて寝て過ごしてしまい、運動量が足りなくなってしまいます。

 

置き餌をしている事も食べなくなってしまう原因となります。これは長時間家を空ける必要がある場合にドッグフードをある程度の量を入れておいていつでも食べていいようにする方法です。

 

ただ、この方法は犬がいつでも食べれるという事で、『エサを出されたときに食べなくてもいい』と考えて食べなくなってしまう事もありますので注意しましょう。

 

わがままの可能性

犬は人間と違い、毎食毎食違うものを食べているわけではありません。

 

味覚に関しては、あるものの、人間と比べるとかなり大雑把だといわれています。

 

ただ、そうはいっても人間が感じることのできる『旨味』という要素を除いた、『甘み』、『苦味』、『酸味』、『塩味』の4つの要素に関しては感知できるといわれています。

 

もちろん、この感知できる4つの味覚も人間と比べれば大雑把なものですが、それでも毎日味のものしか食べていなければさすがに飽きてしまっても無理はありませんよね。

 

そのため、急に食べなくなったというのは、他のものを食べたいという事を示す為に食べる事をボイコットと取ることもできるのです。

 

飼い主からすると、『他のものを食べたい』という意思表示をされたら、ついつい新しいドッグフードを与えてしまいがちですが、このボイコットに負けて新しいドッグフードを食べさせると、同じことを繰り返す傾向になり、次々にドッグフードを変えなくてはいけなくなります。

 

食べなくなった場合の対処

 

まず、疾患の場合にはしっかりと治療を施す事で、食べるようにはなってきます。

 

運動不足の場合も適度に運動をさせたり、外に出れない場合には室内でおもちゃを使って遊ばせるだけでも運動にはなります。

 

そうすることで、体を動かし、お腹を空かせて食事の時間を迎えるようにします。

 

置きエサの場合は、置き餌を止めてみましょう。

 

置きエサを止めてすぐは、ドッグフードを食べない事もあると思いますが、食べない場合はすぐに片付けるようにします。

 

そうする事で、次のエサまで空腹の時間ができるので、次ドッグフードを出せば食べるようになっていきます。これを繰り返す事ですぐに食べてくれるようにしていきます。

 

ただ、仔犬の場合には1回のエサを抜くとすぐに健康被害を及ぼす危険性があるので、まずは食べさせることが重要となります。

 

少し前まで使っていた離乳食がある場合には、離乳食を上にかけて匂いを強くして食べさせるようにして、徐々に離乳食の量を減らしていくようにします。離乳食が無いという場合には、市販の離乳食を使ってもいいでしょう。

 

まとめ

わがままをしている場合には、ドッグフードを変えるという事が最もやってはいけないタブーです。

 

さらにわがままが増強される危険もあるので、変えずに食べない場合にはすぐに片付ける事で空腹の時間を作り、食べるようにしていきます。

 

また、2〜3のローテーションで変えていくようにすると飽きる事を防ぐ事もできます。

 

ちなみに、老犬やシニア犬がドッグフードを食べなくなってしまったという場合の対処法については、年齢が原因?老犬がドッグフードを食べない理由とはで詳しく解説していますので、参考にしてみてください。

 

これらのポイントを押さえて、ドッグフードを食べてもらえる環境づくりをしていきたいですね。

page top