ドッグフード 安全 安い/ドッグフード 安全 コスパ

ドッグフードとキャットフードの違い

視覚的にはいまいち差異がないように思われるドッグフードとキャットフードではあるのですが、実際には中身は大幅に異なっています。

 

大きな相違点は、栄養分です。犬と猫ではなくてはならない栄養分も違えば、カロリーも違います。

 

猫というのは犬に比べると、身体の中では生成を行うことができないどうしても必要な栄養素がいっぱいあるものです。

 

ドッグフードとキャットフードの違い

 

ドッグフードとキャットフードには主に以下の3つが違います。

 

原材料の違い

ドッグフードとキャットフードではまず取り扱われている材料が異なっています。

 

ドッグフードは肉類を核としたフードが多いというのと比べて、キャットフードは魚を核としたものがほとんどです。

 

成分の違い

ドッグフードとキャットフードの典型的な相違点は成分です。猫というのは眼の健康状態を管理するのに欠かせない成分と言われる「タウリン」を身体の中で生み出す事ができないんです。

 

そういう理由で、キャットフードの中にはタウリンがたくさんブレンドされています。

 

さらには、同様の理由でキャットフードの中にはナイアシンやビタミンA等々も数多く混ぜられています。猫は欠かすことができない栄養成分の生成や合成が下手くそな動物というわけです。

 

嗜好性の違い

キャットフードはドッグフードとは異なり高タンパク高脂肪なんです。つまり、キャットフードはドッグフードに比べ栄養価・嗜好性が目立って高いと言えます。

 

猫は犬にくらべて相当嗜好性を重視します。嗜好性を強めるために、キャットフードの周囲にパウダーをふりまぶしているものも見られます。

 

それからドッグフードと比べてテイストはずいぶん濃い感じにできています。

 

その為、犬がひとたびキャットフードを口にしてしまうと、自らのドッグフードがたんぱくに認識してしまって、ドッグフードを口にしない、という症状が始まってしまいます。

page top